タイトル画像

百体観音と桜

2016.04.22(19:38) 651

桜探訪の朝のジョギングも、いよいよ今日が集大成になりそうです。
今日は湯の丸高原に向かって、県道94号線を登るジョギングコース。
平坦に走れる所など一カ所もなく、ただひたすら登り坂をあがっていくのみです。

家を出ると、一面濃い霧に包まれて、近くまで寄らないとどんな木が生えているのかも皆目見当がつきません。
IMG_7042.jpg

今日走っているこの道は、新張の交差点から湯の丸高原を経て、鹿沢温泉まで約12キロの行程で、昔の人が温泉に行く為に辿った湯道と言われている道です。
その新張の入口から温泉まで、街道筋には大体一町(109メートル)毎の間隔で百体の観音が立ち、旅人の道標となって、湯道に向かうまでの旅の安全と無事を祈ってくれています。
幼い頃、従兄弟達とこの百体観音を徒歩で辿って、鹿沢温泉までの行き帰りを歩き抜いた事があります。
当時は深く考えもせずに歩いて行ったのですが、子供の頃の体力って底知れぬものがありましたね。

旅の出発を見守る一番観音(如意輪観音)は、始まりにふさわしい威風堂々とした構えです。
IMG_7043.jpg

二番観音(十一面観音)
IMG_7047.jpg

登るにつれ、霧がますます濃くなっていく一方で、桜はおろか、道ばたの観音様を見過ごさないよう目を配ります。
霧の中を走っているお陰で、髪の毛が水を浴びたようにしっとりとなって、額にまとわりついてきます。
IMG_7048.jpg

三番観音(千手観音)
IMG_7049.jpg

四番観音(十一面観音)
IMG_7050.jpg

五番観音(千手観音)
IMG_7052.jpg

気がつけば、六番観音を素通りしていたようです。

七番観音(如意輪観音)
IMG_7054.jpg

八番観音(聖観音)
IMG_7055.jpg

九番観音(千手観音)
IMG_7056.jpg

十番観音(聖観音)
IMG_7062.jpg

十一番観音(准胝観音)
IMG_7063.jpg

十二番観音(千手観音)
こうして観音様を辿っていきながらのジョギングは、ずっと登り坂とは言え、次の目標を見据えて走れるので、不思議な事にそれ程つらさを感じる事がありません。
気がつけばすでに標高850メートル地点に到達していました。
IMG_7064.jpg

850メートルを過ぎるようになって、ようやく満開の桜を見かけるようになりました。
IMG_7065.jpg

十三番観音(聖観音)
IMG_7068.jpg

十三番観音を過ぎると、すぐ近くにアトリエ・ド・フロマージュというチーズ屋さんが見えてきます。
友人が遊びにくると、よくこのチーズ屋さんでお土産を買ったり、レストランや喫茶店を利用させて頂いています。
普段のジョギングでは、いつもこの場所で引き返しているのですが、今日はもう少し上の方まで行ってみようと思います。
IMG_7069.jpg

十四番観音(如意輪観音)
IMG_7070.jpg

十五番観音(聖観音)
IMG_7071.jpg

標高は900メートルを超えてきました。
IMG_7072.jpg

十六番観音(千手観音)
IMG_7073.jpg

十七番観音(聖観音)
IMG_7074.jpg

標高900メートルをすぎると少しずつ濃かった霧が薄くなって空が明るくなってきたように感じます。
やはり桜の花のバックには青い空がよく合いますね。
IMG_7075.jpg

IMG_7078.jpg

第十八番観音(如意輪観音)
IMG_7080.jpg

第十九番(千手観音)
IMG_7082.jpg

標高957メートル地点では、もうすっかり霧も晴れ、真っ青な青空が広がってきました。
どうやら霧の層を突き抜けてきたようです。
IMG_7083.jpg

第二十番観音(千手観音)
IMG_7084.jpg

眼下には濃い霧の層が麓の景色を覆っています。
スタートした時の天候を思えば、麓と山の上でこんなに天気が違ってくるものか、と驚いてしまいます。
IMG_7085.jpg

第二十一番観音(聖観音)
IMG_7086.jpg

第二十二番観音(千手観音)
IMG_7087.jpg

標高はとうとう1000メートルに到達しました。
山が一気に近づいた気がします。
IMG_7088.jpg

ふと横に目をやると、自分の目線と同じ高さに虹が出現しました!
何だか、山に歓迎を受けているようで、すごく嬉しくなります。
IMG_7094.jpg

虹の根本が自分の足下から伸びる光景なんて言うのを初めて見ました。
IMG_7096.jpg

虹に背中を押されるようにして、更に上に登っていくと大きな池が広がってきます。
この池は農業用水を貯める横堰池と言い、長さ694メートルもある、かなり規模の大きな人造池です。
空の青さを、湖面が鏡のように映し出しています。
IMG_7089.jpg

その横堰池のたもとに、満開の桜並木が!
柔らかそうな芝生もあって、ここでお弁当広げてお花見したら最高ですね。
IMG_7090.jpg

満開の桜を追って、丁度4月8日からあちこち巡りはじめましたが、かれこれ2週間、ずっと満開の桜を見続ける事が出来て、本当に今年は春を満喫しました。
今日もこの青空の下で、満開の桜を思う存分堪能できたので、これで心置きなく春の旅立ちを見送る事が出来ます。
IMG_7091.jpg


横堰池を後にして、一路家に戻ろうとすると、その途中からまた濃い霧の世界へと飛び込む事に。
さっきまで青空の下にいたのが夢のようです。
IMG_7098.jpg


くるみ堂長岡はり灸院
389−0512
長野県東御市滋野乙2320−1
0268−63−7280
スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<<草むしりはじまりました。 | ホームへ | 月窓寺跡のしだれ桜>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/651-2f7f2ef7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)