タイトル画像

田んぼ散策

2016.05.23(22:40) 663

昨日一日費やして、庭の雑草を刈ったお陰で、今週からは朝のジョギングに専念する事が出来そうです。
周りの田んぼでは、水を張っていて、早い所ではもう稲を植えている所もあります。
今朝は、そんな田んぼの様子を見てきました。

まず、中屋敷地区に針路を取って、そのままサンラインへと登っていきます。
中屋敷地区一帯は、巨峰の栽培が盛んな所で、途中にはブドウ畑が広がっています。
IMG_7222.jpg

まだまだ小さい実ですが、これが秋にはたわわに実って、ずっしりと甘い果肉を蓄えた巨峰になるんですね。
そんな経過を追っていくのも朝のジョギングの楽しみの一つです。
IMG_7221.jpg
IMG_7223.jpg

東御市は果物の栽培が盛んに行われていますが、その中でも巨峰は主力な果物の一つで、収穫期ともなると、道の駅に並んだ巨峰を買い求めに、県内外から沢山の方が訪れては、この巨峰を買い求めていきます。
きっと写真に収めた巨峰たちも、秋になれば誰かが美味しく召し上がる事でしょう。
IMG_7224.jpg
そうした事もあってか、道すがら見つけたマンホールの蓋には、その中心にブドウがあしらわれていて、その周りを市の花であるレンゲツツジが囲んでいます。
なかなか、マンホールのデザインとしては、おしゃれだと思いませんか?

サンラインを横切って、そのまま原口の交差点から、しばらく道なりに登っていきます。
途中、左に曲がれば、緩やかな扇状地一帯を見渡す絶景のポイントになります。
IMG_7230.jpg
田植え前の水を張っただけの田んぼ。
田植えが始まれば、あっという間に緑に覆い尽くされてしまうので、この状態を見れるのは、貴重なほんの一時と言えます。
IMG_7231.jpg

田んぼに水を引き入れる為に、あちらこちらで、ドードーっと水の流れる音が響き渡っています。
なんだか、かじかんだ手をお湯に浸けると、一気に末端に血流が行き渡る様な、そんな感覚で、大地がすごい勢いで潤されていくようです。
そんな中、今まさに水が入っている状態の田んぼを見つけました。
徐々に田んぼに水が溜まっていく様子をこんなにじっくり見たのは初めてです。
茶色の地面が、次第に光を帯びていく様は、なんと表現したら良いかわかりませんが、ただただ、うっとりと見とれてしまいます。
IMG_7232.jpg


くるみ堂長岡はり灸院
389−0512
長野県東御市滋野乙2320−1
0268−63−7280
スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<<百人一首の日 | ホームへ | 庭仕事>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/663-1d09d054
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)