タイトル画像

薔薇

2016.06.06(23:57) 668

今日は、薔薇の木を頂いたので、昼休みを返上して、庭に植える作業に徹しました。
梅雨に入ってしまうと、雨の中なかなか庭仕事も集中して出来なくなるので、急いで薔薇を植える為に地面を掘り起こしたり、土を作ったりと、大わらわでした。
特に自分の身の丈程もある薔薇の木は、根もびっしりとはびこっていて、それに見合う大きさの穴を掘るのに、一苦労でした。
例の如く掘っても掘っても出てくる石を除けつつ、大量に汗をかきながらの作業となりました。
これで、「ベルサイユのバラ」ならぬ、「エルサイズの腹」が少しでも凹んでくれているのなら、この汗もかき甲斐があると言うもの。
何とか昼休みの時間内に、薔薇の木4本を植える事が出来、ホッとしました。

IMG_7315.jpg

IMG_7317.jpg

薔薇と言えば、その昔、叔父が薔薇を庭で育てていました。
小学生の頃、葉に黒い染みの様な点がつく、「黒点病」という状態になった葉っぱを、僕が1枚十円で取り除くと言う、ちょっとした小遣い稼ぎをしていました。
稼いだお金は、たいてい近所の駄菓子屋で、きな粉棒とかヨーグル、うまい棒に替わるのですが、小学生の僕には、贅沢なひと時でした。
1枚でも多く、黒点病の葉っぱを取り除いて、お小遣いをもらいたかったので、目を皿のようにして、必死に葉っぱをチェックしていました。

ですので、「薔薇」と言うと、一番にその思い出が頭に浮かびます。
マメな叔父は休日になると、薔薇の消毒をしたり、虫を捕ったりと、手塩にかけて薔薇の手入れをしていました。
今回頂いた薔薇の木も、どれもとても立派なもので、大事に育てられてきたんだなあと分かるものですので、我が家の庭に根を下ろした後も、愛情をかけて育てていこうと思っています。
昔取った杵柄で、黒点病の葉っぱを見かけると条件反射で、すぐ取り除きそうな気がします。


くるみ堂長岡はり灸院
389−0512
長野県東御市滋野乙2320−1
0268−63−7280
スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<<むち打ち治療の日 | ホームへ | 測量の日>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/668-5d92983f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)