タイトル画像

和菓子の日

2016.06.16(22:23) 673

陰暦の6月16日は、「嘉祥の日(かじょうのひ)」にあたります。

IMG_7328.jpg

江戸時代、嘉祥の日には大名や旗本が登城して、将軍からお菓子を振るまわれていたそうです。
そもそもの由来は、平安時代の嘉祥と言う年号の頃(848年)まで遡るそうですが、この16日にかけて16個のお菓子を食べて、厄除けや無病息災を祈念したと言われています。
そうした風習が元となって、今日が「和菓子の日」になったのだそうです。

和菓子と言えば、学生時代、茶道部の友人の招きに応じて、よくお茶会に顔を出しました。
当時は茶道に対する思い入れもないまま、和菓子が食べれる!という邪な気持ちだけで参加していた自分を、今となっては膝詰めで説教してやりたい気持ちです。


くるみ堂長岡はり灸院
389−0512
長野県東御市滋野乙2320−1
0268−63−7280

スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<<りんごバター | ホームへ | 生姜の日>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/673-72dd03ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)