タイトル画像

2016年のお盆②

2016.08.18(22:33) 689

この日は昨日までの晴天から一転、朝から大雨となりました。
前日はお墓参りを兼ねて、近場の神社仏閣を訪ね歩くと言う、全くのノープランで行動しておりましたが、前々から一カ所だけ、石川県を訪れたら、行ってみたいなあと思っている所がありました。
知り合いの先生が、わざわざ東京から出向いて、毎年、白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)でお札を頂いているそうで、とても雰囲気がいい所だと聞いておりました。
この日は、そんな白山比咩神社を目指して、出発します。

まずは金沢市内から、国道157号線を20分程走ると、神社のある白山市へと入ります。

途中立寄った市場で、地元の名産品の栃餅と塩サイダーを買って、小腹を満たします。
最初は一個も食べれば充分だと思っていた栃餅ですが、ほんのりとやさしい甘みが後を引く美味しさで、結局もう一個食べてしまいました。
この二個の栃餅の腹持ちが良くて、朝ご飯を改めて食べなくとも、しっかりお腹が膨らんでしまいました。
IMG_7621.jpg

道中、雨の勢いは衰えるどころか、ますます激しくなるばかり。
これは神社に着いても参拝どころではないなあ、と思っていましたが、不思議と神社に近づく頃には雨も小雨になってきました。
駐車場の前には、鳥居と鬱蒼と繁る木々に囲まれた参道が続いています。
鳥居から一歩足を踏み入れた瞬間、空気がスーッと澄み渡っていく様な感じがしました。
IMG_7622.jpg

豊かな杜の参道が、やがて巨大な杉並木の参道に変わってくると、雨に濡れた木々から濃い香気が漂ってきます。
小雨になった雨粒が、地面を柔らかく叩く音が耳に心地よく、歩くのが楽しくなる参道でした。
IMG_7626.jpg

IMG_7628.jpg

参道を登りきって、山門をくぐると、正面に重厚感のある立派な拝殿が姿を表します。
白山比咩神社には、日本の国生みを司った伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊弉冉尊(いざなみのみこと)とその男女の神の諍いを仲裁したと言われる菊理媛尊(くくりひめのみこと)が祀られています。
そんな経緯で、菊理媛の「くくり」と言う名前が「括る」に繋がって、人の縁を括る良縁、夫婦和合の霊験もあるとの事です。
当院にご来院頂いた方が、当院との出会いを「良いご縁」と感じて頂けるよう、今後とも精進に努めて参ります、とお祈りして参りました。
IMG_7631.jpg

IMG_7635.jpg

IMG_7662.jpg


お参りのご利益が早速現れたのか、お参りを済ませて山を下りる頃には、厚い雲の切れ間から青空が覗き始めてきました。
白山比咩神社を後にして、最後は金沢市内の神社をいくつか巡る事に。

兼六園や金沢城公園などがある金沢の観光スポットのど真ん中にある「尾山神社」。
かの前田利家公が祀られている神社として有名です。
ステンドグラスがあしらわれた神門が、何とも神社らしからぬモダンな雰囲気を醸し出していて、とてもユニークです。
IMG_7638.jpg

IMG_7637.jpg

僕の興味を引いたのが、尾山神社の狛犬様が、僕のイメージする狛犬と違って随分と痩せた身体をしていた事でした。
足も長くて、日頃から何か鍛錬をしているのではないかと思わせる様な精悍なお姿。
最近頓に丸くなったと自他ともに認めるお腹周りを抱える僕としては、本当に羨ましい限りです。
参拝もそっちのけで、狛犬様のお腹周りにあやかりたくて、しばらく狛犬様のお腹をさすっておりました。
IMG_7639.jpg

IMG_7663.jpg


本当は、この尾山神社を今回最後に訪れる場所にしようと思っていましたが、ここに来る途中、朱色が眩しい「尾崎神社」の前を通りがかりました。
丁度、徒歩5分圏内と言う事もあり、折角だからと足を運んでみる事に。
尾崎神社は天照大神、東照大権現(徳川家康)、加賀藩三代藩主前田利常が祀られていて、北陸の日光などと言う呼び名も在るそうです。
小さな境内ではありますが、全体に亘って朱色に塗られた社殿が一際目を引きます。
IMG_7641.jpg

IMG_7643.jpg

こちらの狛犬様は先ほどの尾山神社のものと違って、丸々としていて、妙に愛嬌を感じる狛犬様でした。
その分、僕にとっては、シンパシーと言うか、親近感が湧く狛犬様でした。
神社によっても、狛犬様の印象と言うのは随分違うものですね。
今回の旅で、様々な神社の狛犬を見比べてみるのも面白いな〜、と新たな神社の楽しみ方を覚えてしまいました。
IMG_7644.jpg

IMG_7664.jpg



東御市までの帰り道、北陸自動車道の荒礒海SAから望む能登半島。
朝の土砂降りが嘘のように、穏やかな夕暮れです。
夜に東御市に着いた頃には、辺りの空気がヒンヤリで、おまけに鈴虫の鳴き声もしていた、いきなり秋が訪れていたのにはビックリさせられました。
IMG_7655.jpg

くるみ堂長岡はり灸院
389−0512
長野県東御市滋野乙2320−1
0268−63−7280






スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<<諏訪大社 四社めぐり | ホームへ | 2016年のお盆①>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/689-44f104da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)