タイトル画像

飯縄神社

2016.11.07(23:26) 703

今日は暦の上で「立冬」。
いよいよ本格的な冬が始まりですね。
でも「立冬」なんて言われなくても、もうすでに朝晩には、冬の気配をヒシヒシと感じておりますが。。。。

寒さが本格的に募るこの季節ですが、そんな中での楽しみが新蕎麦を頂く事です。
今回は新蕎麦を求めて、黒姫高原まで出かけてきました。
黒姫高原で栽培されている蕎麦は、「霧下そば」と言われ、香りが高くて青味の強い蕎麦として評判です。
出発前に予め目星を付けて、行きたいお蕎麦屋さんをリサーチしていたのですが、そちらに行く途中、次から次へと吸い込まれるように車が入っていく一軒のお蕎麦屋さんがありました。
僕の蕎麦レーダーがけたたましく反応した為に、急遽Uターンをして、そちらのお蕎麦屋さんの暖簾をくぐる事にしました。

上水内郡信濃町にある「霧下そば 仁の蔵」
IMG_7883.jpg

ひっきりなしに訪れるお客さんの間隙を縫って、タイミングよく待ち時間なく席に着く事が出来ました。
出て来たのは、モチッとした食感のお蕎麦。
これがまた、このお蕎麦がよくダシに絡んで、美味しいこと!
自分の蕎麦レーダーの正確さを褒めてあげたくなります。
IMG_7881.jpg

食後はそのまま温泉へと足を運びます。
この日は少し曇っていて、重い雲の中から今にも白い雪が舞ってきそうな気配まで漂っています。
そして山の上は、一層の事寒さが募ります。
あと少しすると、この辺りは一面の銀世界に覆われてしまうんですね。
目的とする温泉は、長野県を越え、新潟県に少し入った所にある「杉野沢温泉 苗名の湯」と言う所。
本格的な冬になるとスキーに訪れた人達で大変賑わそうです。
IMG_7884.jpg

一階と二階にそれぞれ休憩室があって、ホカホカに温まった室内で、風呂上がりにのんびりと横になりながら、すっかりくつろいでしまいました。
満たされたお腹、温まった身体と言う万全の状態となって、最後は飯縄神社へと向かいます。
飯縄神社は、善光寺、戸隠神社と並んで北信濃の三大パワースポットに数えられる神社。
ネームバリューこそ前の二つ程知られてはいませんが、全国に数百とある飯縄大明神の総社とされ、有名所だと高尾山にも飯縄大明神が祀られているとか。
奥社は飯縄山(標高1,917メートル)の山頂にあります。
その飯縄神社里宮は皇足穂命(すめたりほのみこと)神社とも言われ、飯縄の由来となった食べれる砂(飯砂)が山頂で取れた事で、保食神(=皇足穂命)の霊徳を崇めたのだそうです。
IMG_7889.jpg

IMG_7891.jpg

IMG_7890.jpg


IMG_7893.jpg
鳥居から続く階段を上がれば、境内には樹高30メートルを超す立派な杉の木が聳えていました。
この杉の木が境内にあると言うだけで、もの凄いパワーみたいなものを感じてしまいます。

IMG_7894.jpg

境内から麓を見下ろすと、辺りの山々はもうすっかり紅葉が進んでいます。
夕方に近い時間になって、一気に気温が下がってきました。
久しく忘れていた肌を切る様な寒さを思い出しました。
先ほどの温泉で温まった身体の温もりなんてあっという間に冷めてしまいました。
IMG_7896.jpg

ちなみに御朱印は、普段宮司さんは常駐されていないようで、ここから車で20分程行った旅館で頂きました。
もし飯綱神社を訪れて御朱印を頂こうと思われている方は、事前に問い合わせしておかれる事をお勧めします。
IMG_7898.jpg

今回、山で感じた寒さがもう程なくして僕の住む所にも下りてくるのですね。
雪が降る前に、北信濃をドライブできて良かったです。

スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<<波自加彌神社 | ホームへ | 往診カバンに見る10年と言う歳月>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/703-7ba3fdc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)