タイトル画像

ふんどしの日

2017.02.14(20:41) 716

2月14日の今日は、2(ふん)、14(どし)の語呂合わせで「ふんどしの日」になるそうです。
世間的には、バレンタインデーとくるのでしょうが、昔からバレンタインデーの熱狂には一線を画して生きておりましたので、ここは硬派に「ふんどしの日」と強がってみました。
高校時代、陸上部に所属していた僕は、正規の下駄箱を利用する事なく、一旦部室に立ち寄って上履きに履き替えていました。
バレンタインデー当日には、もしや!!と思って、普段利用しない下駄箱をこっそり覗きに行ったものです。
ある時、自分の出席番号の下駄箱と思しき空間に、何やら置いてあるものを見つけ、小躍りして駆け寄ってみたところ、それが飲みかけのジュースのパックだったと分かった時には、思わずその場で膝をついてしまいました。
暗黒の高校時代を物語る悲しいエピソードの一つとなっております。

そんな僕ですので、頂いたチョコレートは神棚に飾って感謝の祈りを捧げております。

さて、「ふんどしの日」から連想したのがお相撲さんのまわし。
つい先日も稀勢の里が横綱昇進となり、相撲業界もにわかに盛り上がって参りました。

そして今年は郷土が生んだ英雄、力士雷電の生誕250周年にあたる年!
東御市では、雷電に因んだ様々な催し物が予定されているそうです。
そんな折、たまたま立寄った神保町の本屋さんのワゴンセールで見つけた雷電為右衛門の本。
何かしらのご縁を感じて、衝動買いしてしまいました。
IMG_8177.jpg

小学生くらいでも読めるように,ふりがなが振ってあって,力士雷電を知るには良い取っ掛かりになる本だと思いました。
治療院から見える浅間山を、きっと雷電も同じように見ていたのだろうなあと思うと、雷電と気持ちが重なったようで、凄く胸が熱くなる思いです。
待合室の本棚に置いておりますので、是非お手に取ってご覧頂ければと思います。


スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<<信濃の山城と館 | ホームへ | 話し方>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/716-0e059e77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)