タイトル画像

看板と呪文

2017.03.24(22:25) 725

先週の日曜日の午前中はどこにも出かけずに、ひたすら家や治療院の掃除に費やしました。
それに加えて、治療室のドア横に掲げている案内看板の文字部分がかすれて見えづらくなってきたので、ニスを塗り直すこととしました。
思えば5年前に作ってからこっち、毎日のように雨風に晒されて、随分と過酷な労働条件だったと思います。
まずはニスを塗る為に、表面を丁寧に紙ヤスリをかけて、滑らかに仕上げます。
昔から表面をツルツルに磨き上げるのが好きで、思わず興が乗りすぎて、うっかり彫った文字の溝までが無くなりそうになるまでかけてしまい、慌てて文字部分を軽く彫るという余計な手間までかける事に。
IMG_8359.jpg

表面が滑らかになれば、後はニスを塗るだけ。
作業が進んで行くごとに、消えかけていた文字が浮かび上がってくるのが楽しくて,快調に筆が進みました。
ヤスリをかけたときと同じように、調子に乗りすぎて文字まで塗りつぶさなくて良かったです。
IMG_8360.jpg

仕上がりを見てみると、結構ムラができてしまい、最後の詰めの甘さを痛感しましたが、またそれも味と言う事で。。。。

お昼までには終わらせるつもりでしたが、結局完成はお昼過ぎになってしまいました。
乾くまでの間は、おやつの時間と言う事で、小諸駅近くにある甘味処「みつばち」さんに行ってきました。
これぞ、ザ甘味処!といったレトロな趣な佇まいのお店に、手頃な値段のおやつメニューの品々。
こんなの学生時代に学校の近くにあったら、通い詰めてしまいそうです。

IMG_1211.jpg

今回、僕が注文したのは、メニュー表の中で一番長い文字列の「抹茶クリーム白玉あんずあんみつ」という、一気に唱えると、まるで呪文の様にも聞こえる一品。
IMG_1209.jpg

さらに贅沢にも味噌おでんを合わせて注文し、「冷たい甘い」と「温かいしょっぱい」という絶妙のコラボレーションを実現させて参りました。
当然、この日は晩ご飯の時間になっても、お腹が一杯で食べたいという気持ちにはなりませんでした。
「お子様かっ!」と突っ込まれても、返す言葉もありません。。。。。
IMG_1210.jpg


スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<<晴耕雪読 | ホームへ | 信玄ロス>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/725-ecf00547
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)