タイトル画像

桜めぐりのジョギング

2017.04.13(23:21) 727

東京の方は、もうすでに桜が散っているそうですが、ようやく東御市にも桜の季節が到来しそうです。
今年も朝のジョギングで、この辺りの桜の名所を巡るべく、長い距離にも対応できるよう身体を徐々に慣らしている所です。
去年の今頃のブログでは、もうすでに桜巡りをはじめていたのと比べると、この冬は寒かったようですね。
とは言え、一昨日位から、庭に植えている早咲きの桜がいよいよ咲き始めました。
IMG_8396.jpg

今朝は、周辺の桜の開花の状況を探るべく、まずは足慣らしに、滋野駅まで行ってみました。
IMG_8399.jpg

我が家よりも100m程下ってくると、この辺りの桜の蕾も大分開き加減になってきています。
この調子なら、この週末くらいから一気に花が咲きそうですね。
IMG_8400.jpg

ジョギングする時は、山に向かって走り始め、帰りは下り坂で行きの登りのキツさ分、楽に走ると言うのが常だったので、千曲川に下りるコースだと、その帰りがメチャクチャしんどくなるので、あえて避けていた節があります。
普段、駅まで下りる事は少ないので、折角なので、そのまま駅周辺の桜井地区を流してみました。
線路に沿って、畦道を進んで行くと、不意に畑の真ん中にお堂が建っていました
回り込んで中を覗いてみると、中には三体の石像が並んでいました。
後で調べてみると、左から聖観音、雨乞い地蔵、庚申塔なんだそうです。
聖観音は元禄8年、庚申塔は享保元年と彫ってありました!
元禄の頃と言えば、江戸時代、松尾芭蕉や赤穂浪士が活躍した時代。
そんな時代から、この地に佇んでいたんですね。
早起きは三文の得とはよく言ったもので、思わぬ出会いに朝からテンションが上がってしまいました。
IMG_8401.jpg

そんな出会いに気を良くして、勢い千曲川まで下ってしまいました。
当然帰りは、200m程ただひたすら登り続けるという苦行を朝から課す事になってしまいました。
もう少し物事を考えて行動しないと、後で痛いしっぺ返しがあると言う事を身をもって体験した朝でした。
とは言え、今年も桜前線を追い求めてのジョギングがいよいよ開幕です。
IMG_8404.jpg

スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<<外山城趾の桜 | ホームへ | 晴耕雪読>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/727-efecb1ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)