タイトル画像

桜~首飾り~

2006.03.27(18:14) 83

昨日たまたま外出した出先で見た桜が、もう8分ほど咲いていました。
ですので、治療院の裏手にある“せせらぎの道”沿いに植わっている桜も咲いているだろうかと気になって、お昼に抜け出して見に行ってきました。
桜


まだ満開とはいかないまでも、今週末当たりが一番の見頃になるでしょうか?
この先、天候が崩たりして、花が散らないといいのですが・・・・。
今週中はとっても空模様が気になってしまいます。

ところで、「桜」と言う漢字の旧字体は「櫻」という字になります。
今はサクラという漢字を書く時に、旧字体の字を書く方はほとんどいらっしゃらないかとは思います。(名字でこの櫻を使われる方はいらっしゃると思いますが。)
この櫻の字から木偏を取ると、「嬰」という漢字になります。
この漢字は貝の首飾りを象っています。
その昔、生まれたばかりの女の子の赤ちゃんには、おまじないとしてこういった貝の首飾りをしたとされています。
そう言った赤ちゃんのことを「嬰児(みどりご)」と言っていました。
その名残で、今でも生まれたばかりの赤ちゃんのことを嬰児と言っていますよね。

ちなみに貝が連なって首に巻かれる様から、嬰という字は取り巻くとか、グルリと囲むといった意味を持っています。
サクラの木の、あたかも花が枝を取り囲むようにして咲いている様子を、この「櫻」という漢字で表現しています。
サクラの美しさが、この「櫻」という一文字の漢字の中に絶妙に表現されていますよね~。
スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<<皮膚のお話し~面の皮と柔肌~ | ホームへ | ツボのお話し~虫が這うような痒み~>>
コメント
しかし先生はなんでも知っているんですね
僕なんて人に何か言われてもそれこそサクラが散るようにすぐ忘れてしまうっていうのに・・・・
自分では花(記憶)は、散るから美しいなんて思って慰めているんですけどねッ(笑)
ここにくるといつもいいお話で目からウロコっす!!
【2006/03/27 20:30】 | 社会人1年生 #- | [edit]
TVのアレルギー薬のCMで「苦春(くしゅんと読むようです)」とこの辛い時期を表現していて思わず納得してしまいました。いつから桜が楽しめなくなったのかはっきり覚えていないのですが、今は桜の美しさは窓越しでないと楽しめません。子供の頃は桜の木に登って桜を独り占めしたような気になっていたものです。こんな私のようなひ弱な大人がどんどん増えていくのかと思うと30年後が怖いです。きっと日本人の90%は花粉に征服されていることでしょうね。ちなみに杉だけの私はそろそろ終息しつつありますが、檜を持っている主人はこれからが本番のようです。ご愁傷様・・・。
【2006/03/28 18:08】 | しのざき #- | [edit]
社会人一年生さん、こんにちは。
そんなこと無いんですよ~。|||<(*。*)>|||
役に立たないことばかり頭に入って、そのくせ肝腎なことがスッポリ抜けていたりします。
どうも僕の記憶もサクラの花びらのように散りやすいようです。
あまり美しくはありませんが・・・(笑)
【2006/03/28 20:30】 | 青峰 #- | [edit]
しのざきさん、こんにちは。
確かに、周りを見渡すと3人に一人くらいはマスクをつけていたりしますよね。
一昔前は、花粉症を持っている人の方が珍しい存在だったのに、今では花粉症じゃない人の方が珍しい存在になってしまいましたね。
とある研究機関では、花粉の飛ばない杉を開発中だとか・・・。
しかし、近年の大陸から来る黄砂の影響で、大気が益々汚れるようになると、それこそ花粉よりも深刻な問題になってしまう懸念もあります。
やはり、根本的には自分の体の防衛力を高めて、これらの問題にも対処できるようにしなくてはいけないのでしょうね。
【2006/03/28 20:42】 | 青峰 #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/83-d7e43eab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)