タイトル画像

クコの実

2006.04.28(09:46) 92

今度、遠方より大学時代の知人が遊びに来る事になり、1ヶ月ほど前からクコの実をホワイトリカーに漬け込み、久々の再会を祝って、これで一杯!なんて事を思っていたりします。
クコ酒

本来なら、もう2ヶ月位漬ける方が良いのですが・・・・。
今はその知人が来るまで、飲みたい!と思う衝動を日々やり過ごす日々です。(笑)

ちなみにクコを漢字で書くと枸杞となります。
その由来は中国の古書の中に「枸(からたち)のようなトゲがあり、杞(こりやなぎ)のように枝がしなやかに伸びる。」とあり、その事から枸杞と言う名称になったと言われています。
クコという植物は、古来より、葉と言わず根と言わず、実も全て薬になると言う事で、非常に重宝された植物です。
春の季節に採取された葉は、「天精草」。
夏の季節に採取された花は、「長生草」。
秋の季節に採取された果実は、「枸杞子」。
冬の季節に採取された根は、「地骨皮」とそれぞれの採れる季節・部位に応じて名称があり、別名仙人杖とも呼ばれています。
これらのものを四季に合わせて長年服用すれば、天地と同じように長寿を得ることが出来るとも言われていて、その昔は東方の神薬と評されたこともあったそうです。

生薬の原典と言われる古文献に『神農本草経』というものがありますが、その中にもクコに関する記載があって「久しく服すれば筋骨をしっかりさせ、身を軽くし老いない・・・」と、強壮としての薬効があると記載されています。日本においても平安時代頃には、強壮薬として広く世間に知られるようになりました。
日頃、お疲れな知人に少しでも精気を養ってもらえればと思います。(笑)
スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<< | ホームへ | 山査子飴>>
コメント
いや~おいしそうですね(>_<)
僕もお酒がすきで、ほんとそのご友人の方がうらやましいです。しかも強壮の効果まであるなんて・・・・・
僕の場合は遊びに行くと案内されるのは中華、中華となぜかそればかり友人に勧められます・・・・。
僕も先生を見習ってちょっと一工夫あるもてなしってものを考えてみます。( ..)φメモメモ
【2006/04/29 00:09】 | ハマチ #- | [edit]
いいですねぇ、自家製のお酒。
うちは、そろそろ私がアドリブで作った「いよかん酒」が飲み頃のはず。
ちなみに、前回でてきたサンザシも、サンザシ酒として晩酌に登場してました。ま、これは市販品ですが。
飲むことももちろん好きですが、よい塩梅になるまでじっと待つ、その時間も楽しみのうちですね。
【2006/04/29 10:38】 | まママ #- | [edit]
ハマチさん、こんにちは。
中華三昧ですか。(笑)
きっとその友人の方は中華料理が大好きなのでしょうね。
自分が美味しいと思うものは、何度でも振る舞いたくなるものですよ。(^o^)
中華料理と言えば、最寄りの駅から中華街まで一本でいけるので、たまに珍しい食材を物色しに行ったりします。
そう言ったものを眺めるだけでも、結構楽しいですよ!
【2006/04/30 20:40】 | 青峰 #- | [edit]
まママさん、こんにちは。
僕も最近自家製お酒に凝っています。
その昔、祖母が梅酒を作っていて、それが出来上がる様を、目を輝かして眺めていたような気がします。
自分で、お酒を作ると、その内に段々と愛情が湧いてきて、飲むときになるとそう言った感情が手伝って、ものすごく絶品なものに感じますよね!!
仰るとおり、その過程がとても、楽しいですよね。(^o^)
【2006/04/30 20:46】 | 青峰 #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/92-48833ad5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クコクコクコの花生物の分類|分類界:植物界 Plantae門:被子植物門 Magnoliophyta綱:双子葉植物綱 Magnoliopsida目:ナス目 Solanales科:ナス科 Solanaceae属:クコ属 ''Lycium''種:クコ ''L. rhombifolium''学名''Lyc
  1. 2007/10/29(月) 19:02:27 |
  2. 生薬ってこんなにあるんだ